今も昔も旧車!

 

Contents

 

カワサキの旧車を紹介します。

・Z400FX
1979年に川崎重工業から製造された単車です。
4ストローク DOHC 2バルブ 空冷直列4気筒 43馬力 399CC。
E1〜E4までモデルチェンジされています。

・発売の背景
1979年にヨーロッパで発表されたZ500は、斬新なデザインで高い評価を得ました。
そこで日本でも、免許制度に合わせてボア・ストロークを変更し
中型のバイクとして発表されました。
中型免許で乗れる4気筒のバイクとして、当時絶大な人気を誇りました。

・補足
今では改造されてしまったFXがほとんどで
ノーマルに近い状態で残っているものは少ないみたいで、非常に残念です。
だからなおさらノーマルに近い状態のFXには高い金額がつけられています。
デザイン重視のためシートが高く設計されています。

「アンコ抜き」というシートのスポンジを削る方法がありますが
その美しい直線ラインを崩したくない為に足が地面にとどきそうにないにも関わらず
無理して乗っていたライダーもいるほどです。

・その他
1982年に後続機種であるZ400GPが発売となったが
人気においてはFXにかなわず1年で生産中止となった。
Z400FXのいわば“弟分”のような単車です。

 


 

トップページ