今も昔も旧車!

 

Contents

 

 

ホンダの旧車を紹介します。

・CB400F
1974年に本田技研工業から製造された単車です。通称「ヨンフォア」といいます。

・背景
当時、このクラスの国産車で唯一の直列4気筒だったCB350Fの後続機種として
一躍人気となったCB400F。
当時流行り始めていた集合マフラーや後退したステップなどを採用。
エンジンはCB350Fの347CCをもとに408CCまでボアアップ。
更に当時としては珍しかった6速ギアを初採用
エンブレムも金属の物が一般的であったが、ステッカーのロゴが新鮮に見え
いっそう人気となる足ががりになったのかもしれません。

・排気量の変更
1975年の免許制度改正により、中型免許で乗れるのが400CCまでとなり
408CCであるCB400Fには中型免許で乗ることができなくなります。
そこで、1976年に398CCとしてCB400Fは再び生まれ変わったのです。

 

トップページ